男性と女性

平板載荷試験はスピーディー|特殊工事ガイド

自然災害から身を守る

作業員の男性

地盤改良の利用と方法

日本は地震を始め様々な自然災害に見舞われます。そうした日本に住んでいる以上は、災害対策は必要不可欠です。地震に対しては建築物を耐震構造にすることも最近では多くなってきていますが、いかに建築物を補強しても、その建築物が建っている地盤自体が軟弱であったら、結局地盤沈下したりしてしまいます。こうした軟弱地盤を改良して地盤を強化するのが、地盤改良です。まず地盤改良をする前には地盤調査をします。当然地盤改良が必要かどうかは、調査してみなければわからないためです。地盤調査の結果、その土地が軟弱地盤であって、地盤改良が必要であると判断されたら、その地盤の状況に合わせて改良工法を決めます。改良工法には数種類あって、費用も異なります。

改良工事人気について

日本は複数のプレートが重なり合っている上に存在する、世界的に見ても特殊な位置にある国家です。そうしたプレートの動きによって、火山活動や地震活動が活発に発生し、日本は世界でも有数の地震大国です。そうした日本に住んでいる以上、地震対策は必須です。さらに近年大地震や大雨災害で、大規模な土砂災害も頻発する状況にあって、そうした地盤を調査する地盤調査や、地盤を強化する地盤改良が人気となっています。日本は国土が狭いために、宅地開発が頻繁に行われています。新しい宅地が開発される場面では住宅が存在していない部分を新しく造成する場合が多く、山を切り崩したり谷を埋めたりします。切り崩した山であればいいですが、谷や斜面を埋めたり盛ったりした造成地は後から土を持ったという特性上、軟弱地盤になりやすく、地盤改良をしなければならない場合も多いです。そうした軟弱地盤は全国各地にあります。